会員登録でもれなく500ポイントプレゼント!無料会員登録無料会員登録
店内全品送料無料キャンペーン実施中

シーバスルアー 「シンキング」と「フローティング」 なにが違うの?

2018.07.12(Thu)

シーバスルアーならつり具・TEN

シーバスのルアーの質問で「今の時期どのルアーがいい?」「〇〇に行くんだけでどんなルアーが釣れてる?ベイトなに?」というの以外で案外多いのが

「同じ形のルアーだけど、『フローティング』と『シンキング』でなにが違うの???」

という質問です。メーカーによって同サイズ・同カラーで形もほとんど同じで、フローティングもあればシンキングもあるルアーがあったりするのですが、なにが違うかの説明はほとんど書いてありません。

今回大まかではありますが、シンキングとフローティングのルアーの違いを説明します。

 

1.引くレンジとリールの巻き速度の関係


シーバスルアーの引くレンジ紹介画像

まず当たり前の話ですが、フローティングのルアーは「そのままにすると水に浮き」、シンキングのルアーは「そのままにすると水に沈み」ます。

当たり前の話なのですが、ここが重要なことで、シーバスをルアーで釣るのに「ただ巻きこそ最強のメソッド」という方がいるように、魚が捕食するのに適したレンジ(魚がいる深さ/水深)をピッタリと通すのが非常に重要となります。

そして、捕食に適したルアーの移動速度も重要になってきます。「ゆっくりだったら食べやすいのではないか?」っと思ってしまいますが、逆に考えると活きが悪いエサにも見えるので食わなかったり、高速で引くことで考える時間を与えずに食わせる釣り方もあります。

フローティングの場合、ルアー自体が浮こうとするため、ゆっくり巻くとレンジは必然的に水面に近くなります。リップがついているルアーであれば、速く巻けばある適度のレンジをキープしやすくなります。

シンキングの場合、ルアー自体が沈もうとするため、ゆっくり巻くと沈み深いレンジを引くことができます。速く巻いても浮き上がりにくく、フローティングよりも深いレンジを探ることができるわけです。

一概にどちらがいいということは出来ず、その日その時のシーバスが居て、捕食しようとしているレンジが重要だということを忘れないでくださいね。


シーバスミノーならつり具・TEN

2.川上に投げるか川下に投げるか


シーバスは河口の汽水域にも多く居て、また、大型のシーバスが釣りやすいポイントのため、人気が高い場所です。

河口ですと実際は川ですので、必然的に川上から川下に向かって流れが出来ます。そうなるとルアーにはリールを巻くのとは別に川の流れで抵抗を受けたり、逆に抵抗が小さくなるため、同じルアーでも川上・川下の投げる方向で沈む深さが変わってしまいます。

ざっくりで言うと「巻いて釣るなら、川上に投げるのは沈むルアー・川下に投げるのは浮くルアー」となります(かなりザックリ言いました)。川上に投げると、川の流れが自分の方向に流れてくて、ルアーも自分の方に流れるため、巻き抵抗は小さくなります。逆に川下に投げると、川の流れは自分から離れていき、ルアーも流されるようになるため巻き抵抗は大きくなります。

川上にフローティングルアーを投げると、速めに巻かないと沈むための抵抗を作ることが出来ず、ルアーが水面直下で本来の動きが出来なくなる場合はあります。逆にシンキングのルアーであれば、勝手に沈むため、ある程度のレンジをキープした状態で巻くことが出来ます。

川下にシンキングルアーを投げた場合、自分が重くて沈むのに加え、水の抵抗を受けるため、さらに沈むことになります。それはそれでいい場合もありますが、沈みすぎれば根掛かりの可能性も高くなります。逆にフローティングルアーの場合は、水の流れが勝手に効くため、適度なレンジをキープしやすくなります。また、ゆっくり巻いても抵抗が強ければ浮きにくいため、じっくりと攻めることが出来ます。

河川では巻くだけではなく、川上に投げて、ルアーを川の流れで川下に自然に流して、川下から巻いて回収する「ドリフト」と呼ばれる釣り方もあります。大体の場合はややシンキングよりのルアーを流しながら、余分な糸ふけを取りながらシーバスが居そうな場所に流し込む釣り方になります。

シーバス用のシンキングペンシルならつり具・TEN

 

3.狙うポイントの足場は高いのか低いのか


シーバスルアーもりもり販売中

釣り場所によってどうしても水面からの高さが変わる場合はあります。海であれば潮の満ち引きもありますので、いつ行ってもおんなじ高さでなんてことは難しくなります。

足場が高くなると、遠くに投げても、ルアーに対して釣り糸が引っ張る力にどうしても上方向の力が加わってしまいます。輪をかけて、最近のシーバスはPEラインを使うことがほとんどで、PEラインは水より軽い製品が多いため、さらに上に向かって引く力が強くなります。「遠くに投げれば、そんなに変わんないんじゃ?」っと思うかもしれませんが、実際に同じルアーでナイロン・フロロ・PEの3種類のラインでド遠投すると、確実に違ってきます。フロロだと底のズル引きが出来るのに、PEだと底から浮いてしまうなんてことはホントに起こります。

足場が高い場合でレンジを一定で引きたい場合は、沈むシンキングルアーをオススメします。重さやリップのサイズなどに差をつければ、例えば堤防脇で捕食しているようなシーバスのレンジを調整して釣ることは可能になります。もちろん、フローティングのルアーが使えないわけではありません。超スローでノタノタと水面直下を泳がせて狙うならフローティングルアーもアリになります。

シーバス用バイブレーションならつり具・TEN

 

4.なにをシーバスが捕食しているか


シーバスは予想以上に偏食してい場合があり、バチ抜けなどのシーズン的パターンもそうなのですが、そのポイントによって食べやすいエサに固執している場合があります。

例えば、ボラ・サヨリ・テナガエビ・カニ・ハゼなどでしょうか。そのエサが他のエサより圧倒的に取りやすいとか、それしかエサが居ないとかで偏食したりします。

ハゼを捕食してると想定した場合、ハゼは底ベッタリにいて、動くときもほとんど底から離れずにスススっと動くため、底からほとんど離れないルアーが必然となります。そうなるとシンキングルアーの方が有利になってきます。

サヨリなどの水面ギリギリを泳いでいるような魚を捕食していると想定した場合は、まさに水面直下、それこそ水面に引き波が立ってもいいぐらいのギリギリを攻める必要が出てきます。そうなるとフローティングルアーが有利に使えるようになってきます。

ルアーを投げる前に、なにを捕食しているのかを考えて選択してみると釣れる確率は上がりますよ!

シーバス用トップウォーターならつり具・TEN

 

5.シーバスルアーにサスペンドはないのか?


シーバス用のサスペンドルアーが少ないよ

ブラックバスから入ってくる方がちょっと疑問に思うのが「シーバスルアーにはサスペンドルアーがほとんど無いのは何故か?」というのを聞くこともあります。

「サスペンド」ですので、ルアーの比重が水と同じ比重で、水中で止まった状態に出来るということになります。この比重が海ですと問題になってくるので、ほとんど無かったりします。

海は塩水ですので、ルアーとしては浮きやすくなります。海の塩水の塩分濃度は、地域や季節によりかなり違うことが多く、製品として合わせることはかなり難しくなります。また、河川の場合だと「塩水くさび」と呼ばれる海水の上側に川からの淡水が乗ってしまう現象が起き、そうなると水中で比重のまったく違う場所が出来てしまうため、サスペンドと呼べるような比重のバランスが出来なくなってしまいます。

あと、よく言われるのが「シーバスはデッドベイトを食わない」という話もあり、ほとんど動かないものに対しては、興味を示さずエサとして認識しないとも言われています。これに関しては賛否がありますが、確かに壁に張り付いたカニは見ては居ますが食わないことがほとんどで、動き出した瞬間に食うことはある話です。

サスペンドは多くはありませんが、「スローフローティング」「スローシンキング」のルアーは多く、ポイントに応じてサスペンドの用に一定レンジを釣る手段として使われます。

シーバス専用のメタルバイブならつり具・TEN

 

6.まとめ


シーバスは魚のいるレンジ・魚が捕食しているレンジがあえば、釣れる確率が格段に上がる魚で、パターン化しやすく、同じ釣り方でバタバタ釣れまくる面もあります。

ルアーの使い分けをマスターして、レンジ調整が出来るようになれば、釣果アップ間違いなしなので、まずはよく行くポイントでのルアーによるレンジ調整を意識してみて、そこからマスターしてみてください。

 コラム|未分類