会員登録でもれなく500ポイントプレゼント!無料会員登録無料会員登録
店内全品送料無料キャンペーン実施中

初心者オススメ!自分にあったシーバスロッドを選んでみよう!

2018.05.14(Mon)

初心者オススメ!自分にあったシーバスロッドを選んでみよう!

シーバス(スズキ・鱸)。北海道南部から九州・四国までかなり幅広く生息して、港や堤防でも釣れる結構ポピュラーな魚。ルアーでも釣りやすく、季節やポイント・サイズ狙いなど簡単に狙える部分もありつつ、こだわると非常に奥が深い釣魚です。

海のルアーフィッシングの入門者の方も狙いやすいのですが、その分、結構道具に関しての質問も多い釣りですので、今回は「シーバスロッド」に関してまとめてみたいと思います。

 

1.シーバスロッドの硬さ


つり具・TENのシーバスロッド

シーバスロッドの基本的な硬さは5種類あり、「L」「ML」「M」「MH」「H」となります。一部の専用ロッドではさらに細かい表記をしているロッドもありますが、ここでは割愛させていただきます。

ほとんどのロッドは「L」「ML」の硬さのものが多くなっており、「M」や「MH」はサーフ専用・ショアジギング専用など若干重めのルアーを遠投するような竿、「H」はビッグベイト用等の大型ルアーを使う竿に表記されます。

ブラックバスの竿の感覚からすると、「基本の硬さは『M』なのでは?」っと思うかもしれませんが、実際は「L」の硬さがそれに当り、適合ルアーの重さもブラックバス用に比べ非常に広くなっています。

実際、港や堤防などのポイントで使っていると、MLの硬さでも若干硬いかな?オーバーパワーかな>と思うシチュエーションもあったりします。港・堤防・運河などで数釣りを楽しみたいという方には「L」を、大型河川や大場所でランカーサイズを狙いたい方には「ML」をオススメします。

つり具・TENおすすめのシーバスロッド

2.で、初めて選ぶならどんなシーバスロッドがいいの?


まず、シーバスをやってみたいという方には、86Lから90Lがお勧めです。

ブラックバスなどの他のルアー釣りから始める方からもいきなりシーバスを始める方からも「長くないですか!?」という質問をよく受けるのですが、これよりも短いと海釣りならではのデメリットが出てきます。

堤防はもちろん運河のような河川でも釣っている足元に見えやすいテトラポットが入っている場合があります。単純に乗れればいいのですが、高さがあり乗れない場合は必然的に魚の取り込みはそのテトラポットの向こう側になります。

ロッドが短いと魚を寄せることができても障害物の向こう側で網で入れたり引き抜いたりすることになり、その分バラす可能性も増えてきます。また、テトラポットのようなよく見える障害物だけでなく、敷石などの通常水に沈んでいる部分も干潮で浅くなったり露出すると同じ状態になってしまいます。

つり具・TENおすすめのシーバスロッド

 

3.ざっくり簡単に釣り方でサイズを選ぶと


シーバスロッドだけじゃなくシーバスルアーも各種販売中!

湾奥の運河や完全に港の中での釣りであれば、9フィートを切る短いロッドでも大丈夫です。港湾地区で春に多いバチ抜けなど、シーバスの食い方が軽い吸い込み方のバイトの場合はロッドの硬さは柔らかめの方がフッキングがしやすくなります。

サーフなどの広く探っていくような釣り方の場合には、9フィート以上の長めのロッドがお勧めになります。さらに重めのルアーを使って飛距離を出していきたい場合には、ロッドの硬さも固めのロッドのほうが飛ばしやすくなります。

つり具・TENおすすめのシーバスロッド

 

4.長ければ飛ぶのか?硬ければ飛ぶのか?


結論から言えば「ルアーの重さに応じた硬さを選べば飛びやすく、長ければ飛びやすくなる」と言えます。

ルアーの重さの部分では、竿の硬さによる反発力のあった竿を選ぶと、竿を曲げた分、戻る力で飛びやすくなります。

例えばですが、5g~10gぐらいの軽いルアーをMHの硬い竿で投げると、竿が曲がりきらないため、言うほどルアーは飛びません。もちろん、ある程度は飛びますが、ルアーが持ってる本来の飛距離は出なくなります。逆に30g以上のメタルジグをLぐらいの柔らかい竿で投げると、竿が曲がりすぎてしまい、戻る力が発揮される前にルアーが飛んでしまうため、これも飛距離が落ちてしまいます(この場合、竿の破損する可能性もあります)

シーバスロッドにはまず「適合ルアーウエイト」の記載がありますので、その範囲に入る重さのルアーを使うのがベストです。

長さの部分では、長ければ長いほど飛ぶといえば飛ぶのですが、ロッドを振る人の体力/筋力次第という部分もあります。

長くてもロッドをシャープに振りぬけることができなければ、反発力もスピードも中途半端になり、結局飛ばなくなります。また、1回2回は投げることはできても、何十回と投げるルアーフィッシングにおいてはその反復で投げるのに毎回体力を削られるようなスイングを求められる長さだと、集中力も削られて釣りどころでなくなってしまいます。

実際自分でも「長さ=飛距離至上主義」の時期があり、12フィート・13フィートのシーバスロッドでサーフでやってたときもありましたが、十数回投げると大量の消耗が激しく、正直かなりの短期決戦になってしまった経験もあります。もちろん釣果も思ったより上がりません。自分の体格・体力に合い、振ってても必要以上に体力を使わない長さのロッドを使うのが一番だと思います。

ロッドはルアーの重さにあわせてスイング中は適度に曲がり、ラインをリリースする時にはロッドの反発力でロッド先端のスピードが最速の状態になれば一番飛ぶということになります。

使う方の体力や、スイングの癖、竿の性能差によって変わってくる部分はありますが、ドンピシャであった時にはかなりの飛距離が期待できます。

つり具・TENおすすめのシーバスロッド

 

6.まとめると


まず初めてみるなら「90L」がド定番。そこからポイントや狙うサイズに応じて変化させるのがいいです。

釣り方の基本も「ルアーを投げてタダ巻きをする」という初心者の方でもやりやすい釣りなので、エサ釣りの方でも魚がかかるのを待ってる間に狙われる方も見えます。

まだやってない方は初めてみてはいかがでしょうか。

 コラム|未分類